お腹周りがダルダル

私も年齢を重ねてくると、だんだんとお腹周りがダルダルになってきてしまいました。
痩せるためには、運動と食事の管理がベストだとは頭では理解していても、なかなか時間が確保できずに実行できませんでしたが、久しぶりに体重計で計ってみて、ビックリしたんです。
まずは手始めに、無理なく運動をするために、毎日の移動手段を歩くことから始めてみました。
これで少しでも余分な脂肪が少なくなれば嬉しいです。
出産を終えて、増えた体重とぶよぶよのおなかを元に戻すために、ダイエットと平行するかたちで適度な筋トレをすることにしました。
100%おっぱいで育児をしていたので、無理なダイエットなどはできませんでしたが、筋トレはかなり熱心に鍛えました。
そのため、約6か月くらいで体重が減ってほとんど元に戻って喜んでいます。
短期間でしかも健康的にダイエットするには水泳がベストな方法です。
走ったりは苦手な方でも、水泳ならば浮力が助けとなり、すぐに疲労感も感じませんし、泳ぎ終わったら心地よい疲労感が残っています。
やせることを目指して泳いでいる人は大勢いますから、1人で泳いでいても別に恥ずかしくはありません。
水泳は想像以上にカロリーを消費しますから、続けることで痩せることが期待できます。
これを食べれば必ずダイエットできるという食べ物は、ハッキリ言ってないと断言できます。
といっても、単純にカロリーが低いものとか、食物繊維が豊富に含まれている場合など、お通じを良くしてくれるものはダイエット効果という意味では有効ですね。
例えば、野菜やきのこ類、海藻類を多く摂取すると、体重が増えにくくなるのは確かです。
加えて、できる限り太りやすい食べ物を控えなければなりません。
私がダイエットに挑戦した時、家でもできるダイエット方法として、腕立て伏せや腹筋、スクワットなどのトレーニングを行いながら筋肉の量を増やして、からだの基礎代謝をアップしやすい状態にした後に、少し早く歩くウォーキングを30分以上やりました。
これをなるべく毎日継続することで、2か月で4キロのダイエットに成功しましたが、なかなか続けるのは大変でした。
ダイエットしたいけど、食事制限などはしたくないし、中々体を動かす時間も取れません。
どうしたものかと困っていたのですが、スマホでいい物を見つけました。
それが「痩せるお茶」との出会いだったのです。
過度に食事を制限するダイエットはお肌にも髪にも悪影響を及ぼすので、必要なカロリーを摂取すると同時に、痩せるお茶を飲むようになってから、リバウンドの心配もなく、キレイに痩せることができました。
基礎代謝の一般的な平均値は20歳を過ぎたあたりから、だんだんと下降していきます。
これは成長期の終了によって基礎代謝量が安定するようになったことと、運動量が減ってしまったために、筋肉量もだんだんと低下してくるためです。
つまり、30代以降になるといつの間にか太りやすくなってしまうのは、こういうれっきとした理由があるのです。
ちなみに、基礎代謝量が高い方が、フルベリによる効果でもダイエットしても結果が早いです。
軽く椅子に座る場合には、背もたれを利用しないで背筋を引き伸ばすようにしたり、歩みの幅を少し広くするだけでも、代謝量を高めることができます。
座し方や歩き方が美しくなれば女性としてもプラスになりますから、是非頑張ってみてください。