赤くなったりすることもあります

厳しい夏が終わった秋口から冬にかけてと季節の変わり目には、お肌の乾燥注意報が心の中で鳴り響いています。

皮膚の薄い目の周りなど、鏡で良く見ると細かいシワがちりめん状になりますし、荒れて赤くなったりすることもあります。

これらの危険な時期、スキンケアは特に念入りに行っているわけですが、基本の化粧水や乳液でのケアだけでなく、とうとうオイルも使うようになり、大変気に入っています。

お肌に使うオイルはなるべくならいいものを、と考えていますがオリーブやココナッツ、ホホバなど、天然成分の美容オイルをよく使っています。

肌からビタミンCを吸収しようとして、レモンを直接顔に貼り付け、レモンのパックにするのが流行ったこともありましたが、これはお肌に悪影響を与えます。

もう誰も使っていません。

レモン果皮の成分を直接肌につけると、紫外線が当たったとき皮膚にダメージを与えます。

美白やシミ予防の効果をレモンに期待するのなら、毎日の食事で、欠かさず食べるようにしてください。

肌は肝臓の窓だと言えます。

たくさんの血管が肝臓には集まっており、血液を通してつくられた老廃物や毒を代謝・分解し、有害な物質を解毒する役割を果たしています。

肝臓での解毒が十分でないと、老廃物や有害物質は血液を通して体内を巡ります。

肌の調子を乱していくのです。

日頃から肝臓の調子に気を配ることが血液をキレイにし、お肌を健康にしていくための隠れた必須条件です。

お顔のくすみは多くの女性の悩みですよね。

そんな時は顔の洗い方で改善する可能性があるでしょう。

くすみの元は毛穴につまった汚れ「角栓」。

生活習慣の乱れなどで正常に肌のターンオーバーが行われなくなると、毛穴に古い角質でふたをして、せっかくの化粧水がお肌にうまく入っていかないなんて状態になってしまいます。

正しい洗顔方法はぬるま湯を使用して、肌をみずみずしい状態に保てるよう保湿成分のある洗顔料で泡で摩擦を減らし、こすらないようにして洗います。

肌のターンオーバーを促すピーリング石鹸を週一回ほど使うとくすみの改善につながります。

いつしか顔にこんなに増えてしまったシワ、きれいさっぱり消し去ってしまいたいものです。

シワのできる原因は色々あれど、つまるところこれは老化現象であり、もう一つは紫外線の影響が、かなり大きいことがわかっています。

シワ予防には紫外線カット、日焼け止めをちゃんと使い、帽子や日傘などの紫外線カットアイテムで、夏だけでなく一年を通して対策を施し、対策を怠り、日焼けしてしまったら、その日の夜にでも、肌を冷やしてこもった熱をとるケアを行い、化粧水や美容液でしっかり保湿、シミ予防、乾燥防止につとめましょう。

こういった日々の積み重ねが、アンチエイジングにつながるわけです。

皮膚にシワができる原因というのは色々あるのですが、最大の原因と言えるのは「乾燥」です。

お肌の水分不足は、そのままお肌の乾燥につながって、皮膚にシワが刻まれていくことになるのです。

シワが目立つ部分である目尻、この部分は皮脂の分泌が少なくなっていて他の部分よりずっと、乾燥に弱いとされていて、こうしてこの場所にいち早く、小ジワが出現してしまうのです。

また、加齢による自然な現象なのですが、皮膚の張りのための大事な構成成分・コラーゲンやヒアルロン酸が減っていくばかりですから、シワ、たるみは加齢によっても増えていくわけです。

水やお茶で毎日2リットルの水分を摂ると健康な身体を作るとされています。

お肌のためにも、十分水を摂らなくてはなりません。

水分不足はお肌の血行を悪くし、老廃物が分解・代謝されなくなりくすみが目立つ原因となります。

また、水分不足は乾燥肌の原因となり、くすみばかりかシワも増えることになります。

特に女性は水分不足に注意してください。

顔にシミができてくると、実際の年齢より老けて見られるようになります。

加齢が進むにつれて、皮膚の治癒力が衰え、ちょっとした日差しでも油断ができなくなるため、日焼けに対してさらに警戒しましょう。

日差しを遮るような帽子、または日焼け止めなどでなるべく紫外線を浴びないようにし、それとともに、ビタミンCの多い野菜や果物を、今までよりももっと摂っていきましょう。

困ってしまうことに、肌にできてしまったシミは、それだけで見た目年齢をグッとあげてしまうのです。

そんなシミのメカニズムを探ってみると、表皮の細胞の内に生成されてしまったメラニン色素がはがれずに肌に残ってしまったものです。

お肌のターンオーバーを活性化できれば、シミの軽減が期待できるのですが、ピーリングで余分な角質を取り除くと、さらにその効果が期待できます。

ただ、過度なピーリングは逆に、肌に多大な負担をかけてしまうので、注意しましょう。

くすみが気になる原因としては、過剰な糖分が起こす害を考えましょう。

お菓子でお腹を満たしているとどんな化粧品を使っていても茶色や黄色のくすみが目立つことがあります。

コラーゲンが糖に反応し、その働きが弱まっている可能性があります。

コラーゲンが糖に反応し、老化を招く物質に変わることをコラーゲンの糖化と呼んでいます。

全身の老化が進行しないよう、プロテオグリカン配合の化粧品とともに糖分の摂りすぎにはくれぐれも気をつけてください。